電子マネー

従来から、銀行振り込みやクレジットカードによる決済システムはオンライン化が進められてきており、電子的な決済手段というものがなかったわけではない。しかし、1980年代前半に構想があり、1990年代後半から一般消費者でも利用できるようになってきた電子マネーは、これらとは異なり、インターネット経由の決済に特化したもの、またICカードなどの技術により従来の決済方法の欠点を解消して利便性を高めたものとして特長がある。

電子マネー以前の決済手段としては、 クレジットカードは小売店で使用できるものの、百貨店や大型スーパーなど一部に限られ、使用時に署名も必要であるなど煩雑だった。また、インターネットショッピングではカード番号をネットワーク越しに販売業者に渡す必要があり、盗聴されたり販売業者によって不正使用されたりする危険性がある。 振り込みは、口座番号のみで不正使用される恐れは少ないものの、小売店では使用できない上、売買の際に振り込み確認の段階が必要でより煩雑。

などの欠点があった。

ジョゼフ・チェンバレン

1873年にバーミンガム市長(Lord Mayor of Birmingham)に就任した[11][15]。チェンバレンは自由放任された不衛生なバーミンガム市を積極的な都市改造・インフラ設備で近代都市に生まれ変わらせた。この市政改革は19世紀後半のイギリス各都市の見本となった。

1875年には公衆衛生法の後押しもあり、市民の健康に大きな影響をもたらすガスの、1876年は水道事業の市営化を断行した。それまでは議会から選ばれた私企業がガス・水道事業を行っていたが、私企業では資金力が足りないため設備投資がおざなりとなりがちで様々な問題が発生していた。とりわけ水道の水質の悪さが伝染病の原因になっていた。利用料金の釣り上げと相まって、市民の不満が高まっていた。そこで市有化によって水道の水質の向上と漸進的な利用料金の値下げを図ろうとしたのである。この政策は「ガス・水道社会主義」と呼ばれた。

横田飛行場

在日米軍司令部及び第5空軍司令部が置かれている、極東におけるアメリカ軍の主要基地であり、極東地域全体の輸送中継ハブ基地(兵站基地)としての機能を有している。また朝鮮戦争における国連軍の後方司令部も置かれている。2012年3月からは、移転再編された航空自衛隊の航空総隊司令部なども常駐するようになり、日米両国の空軍基地となった。

マイケル・コリンズ

マイケル・コリンズは1890年にアイルランド、コークのクロナキルティに近いサムズクロスで生まれた。コリンズの墓碑銘には「10月12日生まれ」と刻まれているが、伝記著者たちは10月16日生まれということで意見が一致している。コリンズの一族はもともとウィ・コナイル (Uí Chonaill) 卿というリムリックの近くで暮らす郷紳の家であったが、他のアイルランドの郷紳の多くがそうであったように、土地の多くを奪われて没落し、小作農として暮らしていた。だが、145エーカー程度ではあっても農園を持っていたため、19世紀後半の一般的なアイルランド人に比べればやや裕福な暮らし向きであった。マイケル・コリンズは8人兄弟の末っ子、三男として生まれた。同名の父マイケル・コリンズはインテリで、青年時代にアイルランド共和同盟(IRB、フェニアン)運動に所属し、アイルランドの共和主義運動に携わっていたが、やがてその活動を離れて農業に専念するようになっていた。

川崎武装メーデー事件

1930年の神奈川県のメーデー会場は、川崎稲毛神社の境内であった。

9時55分、メーデー実行委員会の副委員長が開会宣言を行おうとしたところ、「日本共産党日本共産青年同盟」と大書した旗を掲げ、竹槍や拳銃で武装した集団が乱入した。警察はこれを阻止しようとし大乱闘になった。その際、共産党側は拳銃を発砲し、警察官を負傷させた。また、メーデー実行委員会のメンバーたちにも刺傷させた。約20分後、警察の応援部隊も到着し犯人8人を逮捕した。

メーデーの大会そのものは協議の結果、参加者全員に対する身体検査の実施と引き換えに14時から再開された。

この事件で負傷した警察官3人には、翌年の1931年4月29日に功労賞等が授与された。

フルヘンシオ・バティスタ

1958年5月24日に、バティスタはカストロの軍に対して17の大隊を送り出した。数字の上で圧倒されていたにもかかわらず、カストロの軍隊は政府軍兵士の多くの軍務放棄によって、一連の勝利を成し遂げた。

その後の各地における戦闘において政府軍の敗北が決定的となった1958年12月31日の夜、バティスタはコロンビア兵営で催された新年祝賀パーティーの席上で突如として辞任演説を始め、日付の変わった1959年の元日未明、クバーナ航空機でキューバを脱出し、反共的な独裁者のラファエル・トルヒーヨ率いるドミニカ共和国へ亡命した。

数時間後、政府軍のカンティーヨ将軍が「臨時政府」の成立を宣言したが、カストロはこれを認めずカミロにハバナ突入を命じた。まもなくハバナは革命軍によって制圧され、8日にはカストロがハバナ入りし、名実ともに革命軍の勝利が確定した。これがキューバ革命だ。

後北条氏

後北条氏(ご ほうじょうし/ご ほうじょううじ、旧字体表記:後北條氏)は、関東の戦国大名。本姓は平氏。家系は武家の桓武平氏伊勢氏流。室町幕府の御家人・伊勢氏の一族にあたる「北条早雲」こと伊勢盛時(1432年/1456年-1519年)をその祖とする。正式な名字は「北条(北條)」だが、代々鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏とは傍系の遠い血縁関係にあるものの直接の後裔ではないことから、後代の史家が両者を区別するため伊勢氏流北条家には「後」を付して「後北条」と呼ぶようになった。また居城のあった小田原の地名から小田原北条氏(おだわら ほうじょうし/おだわら ほうじょううじ)とも呼ばれる。

ヒトラーの嫌煙

アドルフ・ヒトラーは元々はヘビースモーカーだった らしい。 一日25から40本の紙巻きたばこを吸っていた  が、それは金の無駄遣いだと考えやめたそうだ。後年、ヒトラーは喫煙を「退廃的」、「レッドマンのホワイトマンに対する怒り、強い酒を持ち込んだことへの仕返し」だとみなし、「多くの優れた人々がタバコの害に無感覚である」ことを嘆いたという。

彼はエヴァ・ブラウンとマルティン・ボルマンがタバコを吸うことに不満であり、ヘルマン・ゲーリングが公共の場で喫煙することを懸念した。

極端といえば極端な話だ。

アルカトラズ島占領事件

1969年の11月9日、「全部族インディアン」を名乗る老若男女のインディアンたち79人が、放置されたアルカトラズ島に上陸し、占拠した。

彼らがこの島の占拠にあたって法的根拠としたのは、スー族やラコタ族などの諸部族と連邦政府との間で1868年に結ばれたフォート・ララミー条約だった。この条約の中には、連邦政府の所有する土地のうち放棄された土地や使われていない土地は、その土地の元の所有者であった先住民が取り戻すことができる、という条文があった。一団代表者であるモホーク族のリチャード・オークスとサンテ・スー族のジョン・トラデルは、「この島をインディアン文化センターとする」とする声明を発表し、以下のように宣言した。

日拓グループ

日拓ホーム株式会社は、不動産開発企業「日拓観光」として1965年設立。不動産業としては中クラスの規模で、一般的には認知度が低かったが、1973年に東映が所有していたプロ野球球団・東映フライヤーズを突如買収してマスメディアで「日拓ホーム」の企業名が報道され広く世間に知られることになる。話題を集めた球団買収からわずか10ヵ月後には、日本ハムに球団を売却した。

社会人野球の企業チームを保有し、鶴岡(山本)泰・大室勝美らを輩出したが、プロ野球進出時に解散した。うち大室ら4人は買収直前の1972年ドラフト会議で東映に指名されて入団しているが、このことが球団購入と関係あるかは不明。

1976年からパチンコホール事業に進出。以後首都圏を中心に大規模大型店の出店を続け、バブル崩壊後の銀行の支店統廃合で一等地の空き物件が多く出た1990年代に大都市の一等地へも積極的に出店、事業規模を拡大させた。

2009年12月期のグループ総売上高は約1671億円。