ドコモ、新iPhone実質0円回避

NTTドコモは、3月25日に発表した「iPhone SE」の販売価格について、FOMAからXiへの契約変更で購入する場合の「月々サポート」の増額分を9720円に見直すと発表したそうだ。
契約変更での「月々サポート」増額は、5月31日までの期間限定で実施されるものだという。見直し前は1万368円の増額とされており、増額分を合わせると契約変更で「実質0円」となっていた。見直しによって、増額分を含めた契約変更での「iPhone SE」の実質負担額は総額648円となり、「実質0円」を回避した形となった。なお、契約変更以外での価格の変更はないとのこと。
今回の見直しの理由について、ドコモ広報は「総務省によるガイドラインの発表を受けて、早期に販売価格の適正化を実現するため」とコメントしたそうだ。総務省は25日、端末購入補助の適正化に関するガイドライン案に対する意見公募の結果を公表しているとのこと。
総務省のガイドラインによって徹底的に「実質0円」がなくなっているが、こうした取り組みが吉と出るのだろうか…?

無許可営業60年、屋台強制撤去へ

横浜市JR横浜駅西口近くの路上で、60年以上市から道路の使用許可を取らず営業していたおでん屋台が、強制撤去された。
市は、屋台を開いていた60代の男性に対し、今年1月末までに片付けるようこれまで再三求めていたが期限までに撤去されなかった。このため強制撤去に踏み切った。撤去された屋台のほかにも11軒の屋台があり、同様に1月末期限で撤去を求めたところ、11軒は自主的に撤去したという。
この辺りを知る人は、きれいになってよかったとネットでコメントしていた。一方、なぜ60年以上も放置していたのかというコメントも多く目についた。たしかに60年ときくと撤去するのが遅すぎるくらいだろう。