マグロ80匹投入 展示再開へ

東京都は今月の12日、謎の大量死が起こった、葛西臨海水族園の大型水槽にクロマグロ約80匹を投入して、今月の22日から群泳展示を再開すると発表した。
大量死の原因は未だ不明のままだが、展示の目玉のマグロが1匹まで減った水族園に、約5カ月ぶりに「名物」が復活する。
 投入するのは、生後1年ほどの全長80~90センチのクロマグロ。高知県から運び、21日の閉園後に水槽に入れ、22日の開園時から見られるようにする。
 同園では3月末からアカシュモクザメやタカサゴ、ハガツオ、スマを順次投入し、音や光に敏感なマグロを投入できる環境か探ってきた。5月22日に29匹を入れたスマが6月8日までに計15匹死んだが、環境の変化になじめずに起きる水槽への衝突死とみられ、病理検査でもウイルスは確認されていない。水質や飼育環境に問題はないと判断したという。
同し園長は「まだ具体的な原因がわからないため、原因究明は続けるが、マグロの追加にこぎ着けられたのはうれしい。注意して面倒をみていきたい」と話した。