4代目相棒は誰に?

今年10月から放送される連続ドラマ『相棒シーズン14』のキャスティングが佳境に入っているそうだ。成宮寛貴に続く”4代目相棒”が誰になるのか?ファンの間で注目が集まっている。
今回はかなり難航したそうだ。『相棒』は2クール放送とされるため収録や打ち合わせなどを入れると10か月以上も拘束されてしまう。さらに『相棒』の主演はあくまで水谷豊。彼が納得しないことには深アh棒のキャスティングは決まらないのだそうだ。もちろん、話題性のある人と言うのも大きな条件となる。
キャスティングの難航ぶりを示すかのように、雑誌やネットニュースなどではさまざまな名前が挙がった。昨年12月、『女性自身』は「水谷豊が織田裕二を推している」と伝えていた。
他にも2代目相棒を務めた及川光博も有力候補として注目されたそうだ。及川は降板後も劇場版にゲスト出演しており、ファンの間ではとても人気が高い。俄然復帰ムードが高まったようだ。
その後、斎藤工、稲垣吾郎、亀梨和也、速水もこみちなどの名前も報道され、噂レベルのものを含めると10人近くの候補者の名前が飛び交った。
そんな中、有力視されたのは仲間由紀恵だった。仲間はこれまで相棒シリーズに出演経験がある。仲間の役どころは警視庁から「内閣情報調査室」への出向を経て、警視庁広報課長に就任した子持ちキャリア。シーズン13でも初回と元旦のスペシャルに出演し相棒ファンに存在感をしっかりアピールしている。しかも、『相棒』のホームページには写真入りで紹介されているのだ。ところが、
「仲間の役どころは社美彌子(やしろみやこ)と言う名前なのですが、過去の相棒は亀山薫、神戸尊、甲斐亨と3人とも名前がKの頭文字で始まりRUで終わっているんです。そんなことから、熱狂的なファンの間では、役名がYで始まりKOで終わる仲間の起用はないのではないか、と言う声が出ていた」そうだ。
4月、「週刊新潮」が反町隆史が有力と報道。同誌によれば仲間は多忙によりスケジュールの調整が付かないことから4代目の起用は見送られ、来年秋以降の5代目相棒として決まったという。それまでの”つなぎ”が反町と言うことだという。
ところが、ここに来て意外な名前も候補として急浮上しているのだそうだ。吉高由里子説がテレビ関係者の間でひそかにささやかれているというのだ。
これだけ注目される人気連続ドラマのキャスト、憶測が飛び交うのも無理ないかもしれない。一体次期”相棒”は誰になるのだろうか…。